気ままに韓国芸能人をさぐる(デスクトップバージョンで見てくださいㅠㅠ)

ソンスンホン現在の情報☆2018年最新ドラマ『Player』始まった!!

2018/10/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

こんにちは、韓国じょんぼ館です。(●´ω`●)

 

昨年12月にドラマ『ブラック』が最終回を迎え、今年5月、約1年3ヵ月ぶりに来日してファンミーティングを成功させたソン・スンホン。

 

言わずと知れた超有名韓流スターなのに今さらここで取り上げる?^^;

…とも思うのですが、

エピソードのまとめ(古いですスミマセン汗)と放送開始時期も含めた最新ドラマ『Player』の情報をお届けします。

※ スマホでご覧の方でモバイルバージョンで見えない場合は、デスクトップバージョンなら表示されると思うのでお手数ですが切り替えお願いします。

 

もくじ

  1. プロフィール
  2. 改名で大成功!
  3. 男も惚れる、男の中の男は父上もイケメン
  4. ドラマ『ブラック』で、ついに「演技」が「顔」を越えた!
  5. 最新ドラマ『Player』の放送開始はいつ? (→10月5日追記:ドラマざっくり説明&登場人物紹介)

 

プロフィール

  • 名前:ソン・スンホン(宋承憲)/旧本名:ソン・スンボク
  • 誕生日:1976年 10月 5日
  • 身長:180㎝ 体重:70㎏ 血液型:B型
  • 学歴:京畿大学映像多重媒体学科
  • デビュー:1995年 ファッションブランド「292513=STORM」モデル

ソンスンホン 現在 最新情報 Player いつ う~ん、角刈り…^^;;; ていうか隣はモデル仲間のソジソプさん♪

 

改名で大成功!

本名は「ソン・スンボク」でしたが、2000年代に入ってから当時芸名として使っていた「ソン・スンホン」に改名した経緯があります。(韓国では改名って割と簡単にできます…)

 

「スンホン」は「スンボク」よりも洗練された感じがするとのことですが、韓国語のニュアンスをカンペキにはつかめない私たち日本人でもなんとなくそんな感じがしますね。

 

姓名学的にも、なんでも「鋼鉄が海の上を漂っているような」大変すばらしい名前だそうです。

 

姓名学の専門家と一般人が選んだ「改名して成功したスター」の1位に選ばれました。

 

男も惚れる、男の中の男は父上もイケメン

ソンスンホンさんといってパッと思いつく特徴といえばまずはあの、誰もが認めるハンサムなお顔なんでしょうが、「男性視聴者が選ぶ本当にカッコいい男性スター」にトップ20入りした他、

芸能記者らの選定による「男の中の男」にも選ばれました。そんなご自身の優れたビジュアルについて彼は、お父さんの若い頃の写真をテレビで公開し、話題となりました。

「お父さんに感謝しなければなりませんね」とは、番組MC談。

 

ドラマ『ブラック』で、ついに「演技」が「顔」を越えた!

顔のハンサムっぷりばかりがクローズアップされがちで、演技力については度々辛口な批評を浴びてきたソン・スンホン。

 

彼は、カフェでバイト中にスカウトされてモデルになり、早々に売れっ子俳優になってしまったうえ、彼を一気に韓流トップスターに押し上げた2000年のドラマ『秋の童話』で演じた純粋な青年がはまり役すぎて、それ以降はそのイメージから脱却するためにどれだけ苦心したことでしょうか。

 

ご本人も、「演技が顔に追いついていない」という評価を受けていることを自覚していることを2012年のインタビューで告白しています。

 

しかし、ドラマ『男が愛する時(2013年)』の頃から演技に対する自信が生まれはじめ、映画『情愛中毒(2014年、原題日本語訳『人間中毒』)で大胆な濡れ場シーンへの挑戦を機に、自身でも演技の殻を破れたと実感したのか、その後のインタビューでは「肩の大きな荷が降りた」と表現しています。

自身に課された「脱・好青年」の宿題をやっとやり遂げた、という感じでしょうか。

 

ここからは呪縛から解放されでもしたのか、2017年のドラマ

『師任堂、色の日記』では「もう演技力について心配する必要はなくなったようだ」との評価を得、

(ドラマの視聴率はイマイチ芳しくなかったのですが…)2017 年下半期のドラマ『ブラック』ではついに「演技」が「顔」を超えた!との評価を獲得するまでになります。

 

あらすじのご紹介は長くなるので割愛しますが、私も『ブラック』を観て「真実を知ってショックを受けてもだえ苦しみ慟哭するあのシーンはもはや誰にも『演技が下手』なんて言わせないのは?」と思っていました。

 

それくらい迫真の演技でした。

 

最新ドラマ『Player』

そんな、俳優として見事な飛躍を遂げたソン・スンホンの最新作『Player』(OCN)が、2018年7月現在絶賛撮影中とのことです。

脚本は2011年の国推理文学賞長編小説部門で新人賞を受賞したシン・ジェヒョン氏が担当するというから、否が応でも期待できますね。^^

 

ドラマの内容は、というと

「詐欺師、ドライバー、ハッカーなど各分野の天才たちが、違法に収集された闇の財産を持ち主に返す痛快復讐アクション」

とのことですが、ソン・スンホンさんは今回、天才詐欺師「カン・ハリ」役に挑戦します。

 

カン・ハリはずば抜けたルックスに頭の回転の速さ、それに度胸も兼ね備えた人物で、もともとは検事の父親を持つエリート家庭の一人息子として何不自由ない暮らしをしていましたが、不慮の事故で独りになってからは180度人生が変わり、嘘で固められた人生を歩むことになるのだそうです。

 

放送が待たれるところですが、なんといっても『Player』の前クール作のドラマすらまだ放送が始まっていないという…^^;;

(前クール作は『ボイス2』で2018年8月11日放送開始予定)

 

なので…OCNの22時の土日ドラマ枠の作品がだいたい全16~18回で約2カ月であることをふまえると、

『Player 』の放送開始は今年の10月の中旬になりそうですね。

いや全然ハズレて、9月29日だそうですㅠㅠスミマセン

 

それまで楽しみに待つことにします!^^

10月5日追記:

始まりましたね~。『プレイヤー』。

ドラマのざっくり説明と登場人物ガイドはこちら♪

 

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。(о´∀`о)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

Copyright© 韓国じょんぼ館| , 2018 All Rights Reserved.