気ままに韓国芸能人をさぐる(デスクトップバージョンで見てくださいㅠㅠ)

『30だけど17です』(ヤンセジョン)ロケ地ガイド☆あの家、店はどこ?

2018/10/15
 
30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ
この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

こんにちは、韓国じょんぼ館です(ˊωˋ)

 

韓国でちょっとしたロス現象もあった『30だけど17です』。

 

ところで、物語とは全然別の所で妙に印象に残ったのは、

「登場人物みんな金持ちだな~」という点。

重要な登場人物の誰もかれもがお金に全く困ってなく、欲しい時に欲しい物を当たり前のようにホイホイ買っている姿が、庶民の私にはやたら眩しかったです…

 

10月14日:セジョンさん演じるウジンがショッピングをしたお店を追加しました。

目次

  • 印象に残ったあの家
  • ウジン(セジョンさん)ショッピングシーンのロケ地

 

印象に残ったあの家

所在地

そして何より極めつきは、「お父さんのセカンドハウス」。

息子がもうずっと韓国にいてくれると聞いて、お父さん即決で売るのやめましたw

 

らくだのコブのように盛り上がった二つの造形が印象的な「あの家」。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

↑ドラマのワンシーン。ぴょんと頭を出せる天井窓はもはや小道具

 

チョンダム?アックジョン?どこだろうと思ってたら、ソウルではなくソウルの右下、京畿道城南市盆唐区の高級住宅街とのことでした。

 

試しにロードマップをスイスイ進んでみたら…

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ありゃ、あった…(引用:NAVER地図)

 

かなりインパクトのある家だからか、韓国でも気になった人が結構いたようです。

そして一部の地元住民や不動産屋が「ぜひ来てくださいね~」と言いながら思いっきり地名を公表していたのですぐに分かってしまいました…。

샛별마을(セッビョルマウル、セッビョル村)の예원路6番길(イェーウォンロユッポンギル)

ですね…(言っちゃっていいのかなぁドキドキ)

 

アクセス

アクセス①タクシーで

盆唐(ブンダン)線の藪内(スネ・수내)駅下車4番出口

タクシーで約7分(料金約5,000ウォン)

화목빌라(ファモクビルラ)の向かいの一軒家

ソウル地下鉄路線図はこちら

スネ駅は、往十里(ワンシムリ、왕십리)から下に伸びてる路線図では黄色い地下鉄の19番目(往十里から数えて)の駅です。

 

アクセス②バスで

スネ駅下車 「ロッテ百貨店」(07100)で17番か33番に乗車。

6つ先の停留所「盆唐洞住民センター」(07212)下車

バスで来た道をそのまま直進、最初の信号を渡らずに右に曲がり、さらに最初の分かれ道を右に曲がり、すぐ左に曲がる(예원로6번길イェーウォンロユッポンギル)

※ アプリを見ながらなら問題ないですが、そうでない場合は迷う可能性があるのであまりお勧めしません

 

※ 私がエラそうに説教垂れる立場ではありませんが、閑静な住宅街であることが予想されますので、もし見に行かれる場合はそこらへんのほどよろしくお願いします。

※ 空き家を利用して撮影したとのことですが、現在は誰かが住んでいるかもしれませんのでご注意ください。

ドラマと実際の違い

印象的なデザインだった門は、もとからの門そのままだったんですね。

あ、実際の家には、ドラマで大きな役割を果たしたあの天井窓がありません。

撮影のために増築してたんですね~。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

左:ドラマのワンシーン 右:ロードマップ

 

ウジン(セジョンさん)ショッピングシーンのロケ地

どんなシーンで登場?

チャンの所属するボート部の全国大会で、団体戦でのメダル獲得を目指して毎日練習に励むチャンと部活メイト2人。

そんな3人に、景気づけのプレゼントとしてウジンはリュックをプレゼントします。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

エントランスがお洒落♪

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

お客役のエキストラさん羨ましい~

 

所在地

ここは、サムソナイトがプロデュースする「Life is Journey」です。

ドラマで登場する看板はホンモノだったんですね。

地下鉄2号線、ジャムシル(잠실)駅隣の「ロッテワールドモール」地下1階に入っています。

 

あ~なるほど、セジョンさんがライフイズジャーニーのイメージキャラクターだったんですね。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ ライフイズジャーニー

引用:Life is Journeyホームページ

 

 

ドラマに限ったことではないですが、豪邸の前を通り過ぎるたび、一度でいいから中に入ってみたいな~なんて思ったりします。

 

韓国ドラマって、家具や間取り好きの視点からも見どころが満載で夢があっていいです*^^*

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

Copyright© 韓国じょんぼ館| , 2018 All Rights Reserved.