気ままに韓国芸能人をさぐる(デスクトップバージョンで見てくださいㅠㅠ)

『30だけど17です』(ヤンセジョン)8話のあらすじ&ハイライト動画

2018/10/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

こんにちは、韓国じょんぼ館です(*ˊᵕˋ*)

ヤン・セジョン&シン・ヘソン主演『30だけど17です』の第8話(視聴率9.0%)のあらすじ&ハイライト映像です。

※ 7話のあらすじがまだならコチラ^^

早とちりでウジンに怒ってしまったことに後悔したものの、やっと謝れたソリ。

一方でウジンの甥っ子チャンにはソリに対する心に変化が現れていて…。

 

※ 現在、モバイルバージョンで表示されない不具合が発生しており、どうにも直らない状況です。モバイルバージョンで見えない場合はデスクトップバージョンなら表示されますので、お手数ですが切り替えお願いします。

第8話のあらすじ&ハイライト動画

遠い日の笑顔

チャンが家に帰ると、お手伝いさんが本棚をハタキ掃除していました。

すると、高い棚からヒラヒラと落ちてくる一枚の写真が。

見ると、写ってたのは遠い日(あの事故前)のウジンとチャンでした。

今とは全く違う明るい笑顔のウジンに、

「太陽みたいに笑うこともできる人だったんですね」とお手伝いさん。

「そうですね…」とチャン。

 

ケンカ

ウジンが家出をしてしまったことが自分のせいだと考えたソリは、家を出ることを決意します。

そしてそのことを告げにアトリエに行くと、ウジンはいませんでしたが女社長がいて居場所を教えてもらい、幸いソリはすぐにウジンを見つけることができました。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

このシーンがソリと女社長の初対面。「え、ウジンに女?」

 

ところがウジン、いつもの職業病が発病(?)し、あたり構わずあらゆるものをメジャーで測っているうちに女性の脚に接近してしまい、怒った女性の彼氏に殴られそうになっているではありませんか。

急いで走って割って入り、ウジンの代わりに謝ってその場を収めたソリ。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ソリ「誤解です、パッと見はヘンタイ野郎ですが」 ウジン「うん?」

 

ソリは場を収めた後、何でもかんでも測るそのクセは辞めた方がいいと忠告します。

それに対してウジンは、「どうして関係ないのに口挟んでくるんですか」と冷たく言い放ちました。

その態度にソリが少し怒り、そこからケンカがヒートアップ。

 

「あなたは、見なきゃならないことも見えないで生きている。他人がこんなに謝っていることも、あなたを心配しているチャンのことも」

「そっちに僕の何が分かるんだ」

「分かりません。でもこれだけは分かります。口挟むな、お前に何が分かるんだでなく、こんな時はただ『ありがとう』の一言で良いということを。」

 

と言い残して勢いよく立ち去ったはいいけれど、またしても後悔するソリ。

一方のウジンは、ソリの言葉が心に刺さりまくって立ちすくんでしまいます。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ソリに痛いところ突かれまくり

 

甥の優しい説得

アトリエに戻ると、チャンが待っていました。

一緒に肉を焼いて食べようというのです。

アトリエの屋上で肉を食べながら、チャンは「他人と一緒にいるのが嫌なのは知ってるけど」と言いながら、家に帰って来るよう説得するのでした。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

アトリエからの夜景最高ですなぁ

 

一方のソリは、いよいよ家を出る決心を固めてウジンに別れの手紙を書き、何だか分からない棒状のプレゼントと一緒にウジンの部屋の机に置きました。

 

「これからも」?

翌朝。

ソリが犬とたわむれていると、なんとウジンが帰ってきたではありませんか。

 

そして、犬のエサについて「これからは粉末も入れてくださいね」などとアドバイスしてきました。

またお手伝いさんに対しても、弁当ありがとう、おいしかったなどと、これまで言ったこともないお礼を言うのです。

「これからも」ここにいて良いと知ったソリは大喜び。

 

しかし、別れの手紙をウジンの部屋に置いてしまったことを思い出し、2階に上ったウジンの後を慌てて追いかけます。

お姫様抱っこ!

部屋に入ったウジン。

机の上の黒いビニール袋に気づいて棒状のものを取り出すと、それはトイレが詰まった時に使うアレでした。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

スッポンにご丁寧にもリボンが

 

「なんじゃこりゃ?」となっているとソリが部屋に入ってきました。

まずは置手紙を慌てて取り戻してから、プレゼントについての説明を始めます。

これは窓開け用で、天井の窓は取っ手がないがこれを吸いつけて横にスライドさせれば開くというのです。

 

実演してみせるソリ。

ところが足を滑らせてしまいました。

机から落ちたソリをウジンが見事キャッチして抱きかかえます。(ここでBGM)

至近距離で、しばしソリを見つめるウジン。

ソリは目を合わせることができません。

 

我に返って部屋を出る時、ウジンは爽やかに「窓の開け方を教えてくれてありがとう」と言いますが、ソリはすっかり顔がホテってしまっています。

上の空で「え?…は、はい…」と返事をするのでした。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

動画を見た方が早いかも

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

メイキング。スッポン落とす係のスタッフさんまでイケメン♪

 

謎の女

部活仲間も集まっての賑やかな朝食。

そのなかで、ウジンは考えます。

ソリは13年前まで住んでいたと言っていた一方で、父親は11年前にこの家を買ったと言っている。

この空白の2年間は何だろう…?

 

また、ソリも考えています。

交差点で自分を引き留めたあと、ウジンが言っていた「僕のせいで死なれでもしたら…」という言葉の意味は…?

 

そんななか、門の隙間から家を覗く女性の影がありました…。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

あらすじではハショってますが、この謎の女性何度も覗いてます

 

第8話 完

 

↓第8話のハイライト動画です^^

 

スマホではモバイルバージョンだと画面が表示されないので(原因が分かりませんㅠㅠ)、お手数ですがデスクトップバージョンに切り換えてご覧ください。

『30だけど17です』ロケ地情報はこちら^^

セジョン君が「30だけど17です」の番宣に登場した記事はコチラ♪

第1話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第2話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第3話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第4話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第5話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第6話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第7話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

Copyright© 韓国じょんぼ館| , 2018 All Rights Reserved.