気ままに韓国芸能人をさぐる(デスクトップバージョンで見てくださいㅠㅠ)

『30だけど17です』(ヤンセジョン)4話のあらすじ&ハイライト動画

2018/09/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

こんにちは、韓国じょんぼ館です(*ˊᵕˋ*)

 

ヤン・セジョン&シン・ヘソン主演『30だけど17です』の第4話(視聴率8.2%)のあらすじ&ハイライト映像です。

※ 3話のあらすじがまだならコチラ^^

※ 現在、モバイルバージョンで表示されない不具合が発生しており、どうにも直らない状況です。モバイルバージョンで見えない場合はデスクトップバージョンなら表示されますので、お手数ですが切り替えお願いします。

第4話のあらすじ&ハイライト動画

探し物は何ですか

何かを思い出して家にまた戻ると運よく門が開いていたので、無事に中に入ることができたソリ。

リビングには、ウジンの甥っ子チャンがいました。

そこでソリは、どうしても探したいものがある、見つかったらすぐ出るからとチャンに懇願します。

チャンは少し困りますが、ソリの熱意に押され、ウジンがちょうどシャワー中ということもあり3分間だけ許すことに。

 

ところが!ウジンは思ったよりもずっと早く浴室から出てきてしまいました。

慌てるチャン。やたらと叔父に抱きついたり話そうよと言ってみたり、必死で時間稼ぎを試みます。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ほっぺにブーッされても今はガマン…

 

1階で物音がして、怪しんだウジンは下に降りますがそれはお手伝いさんでした。

チャンは辺りを見回しますが、ソリの姿が見えません。

ちょっと心配ではありますが、探し物を見つけてもう帰ったんだろうと思うことにしました。

 

幽霊か貞子か

夜も更けてきました。

ウジンが仕事をしていると、1階から女のうめき声のような気味悪い音が聞こえてきます。

その声はチャンにも聞こえて、こわごわ下りてみる2人。

 

やはり物音を聞いたお手伝いさんも合流して身構えていると、突然、開くはずもない階段下の本棚がギ~っと開き、貞子!?のような髪の長い女がうごめきながら這い出てくるではありませんか。

恐怖に絶叫するウジンとチャン。

 

しかしそれは幽霊ではなく、お腹が空きすぎて立つこともできないソリだったのです。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

どっちが幽霊だっていう話

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

電気は冷静な幽霊お手伝いさんがつけてくれました

 

階段下の秘密の小部屋

出してもらった食事を一心不乱に食べるソリ。

食べながら、実は階段の下に部屋があったこと、誰にも気づかれなかったので昔そのままの状態だったこと、したがって探し物(バイオリン)は無事に見つかったことを話します。

 

チャンは一緒に喜びますが、ウジンは冷たく「目的は達成したんだから帰ってください」と言い放ちました。

しかし時間は夜中の2時半。今追い出すのはひどすぎるとのチャン(と何気にお手伝いさん)の猛抗議にあい、仕方なくウジンは朝までいることを許すのでした。

 

眠れず庭のベンチに座っているソリ。

そこへチャンがやって来て、この家には両親との思い出がいっぱい詰まっていることや、その両親は14歳の時に事故で亡くなり、叔父夫婦が代わりに育ててくれたことなど、ソリの身の上話を親切に聴いてあげるのでした。

家が壊される?

翌朝。

門を出る前にソリが一晩泊めてくれたお礼を言っていると、突然、不動産屋が客を連れて来ました。

そして、「この家を壊して庭もなんとかすれば7階建てくらいは…」とかとんでもないことを話しています。

びっくりしてチャンを見るソリ。チャンも初耳です。

 

外出するために家から出てきたウジンに、叔父さえ見つけたら買い戻してもらうからどうか壊さないでほしいと必死に訴えるソリでしたが、ウジンは、自分には何の権限もないから用があるなら不動産屋に話せと突っぱねてそのまま出て行ってしまいました。

 

下見を終えて帰って行く不動産屋を追いかけるソリ。

するとそのソリを追いかけて、犬がチャンの腕から飛び降りて門の外に駆け出してしまいました。

そこへ向こうからバイクが来て…

しかし間一髪!ソリが身を投げて犬を守ったのです。

 

犬は無事でしたが、ソリのお腹から大量の血が!

と思ったら…。

道に広がった赤黒い液体は、お手伝いさんが持たせてくれたぶどうジュースだったのでした。

でも、ソリは顔にかすり傷を負ってしまい、服も汚れてしまいました。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ウジンは犬のために駆け寄りました

 

消えた彼女を追って

高校時代にプロポーズするほどソリのことが好きだった医者のヒョンテ。

大きいリュックを背負っています。

長期入院患者の受け入れを上司に頼んでくれる代わりに、ペルーまで医療ボランティアに行って帰国してきたところでした。

 

先輩との電話で、大学病院への長期入院患者受け入れの許可を得られそうという嬉しいニュースに喜びます。

 

しかし喜びも束の間、帰国後真っ先にソリが入院していた施設に寄ったのですが、ソリの部屋は空室に。

びっくりして看護婦さんに聞くと、何とソリが目覚めたというではありませんか。

しかし、目覚めたソリはどこかに行ってしまったと聞いて驚き、慌ててタクシーに飛び乗ります。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

「まじか!」自分が海外にいた間に大変なことが起こっていたのでした

 

一発逆転

家のリビング。

ウジンにチャンは、ソリはウジンの愛犬を救った命の恩人だし、不動産屋にはソリが叔父を探すまで待ってもらい、それまでここに住まわせてあげてほしいと説得します。

しかしウジンは、犬を助けてくれたお礼はしても住まわせるわけにはいかないと首を縦に振りません。

 

業を煮やしたチャンは、それなら犬は元飼い主であるソリに返すべきだと、犬をソリに抱かせながら「元の飼い主と一緒にこれからも元気でね」なんて言い出します。

その態度に声を荒げかけたセジョン。

 

このとき、不動産屋電話がかかって来ました。

電話に出たウジンでしたが、お尻についたチョコパイを隠すために自分のカーディガンを脱いで隠してくれた出来事を一瞬思い出して気が変わり、1カ月だけ待ってくれるよう不動産屋にお願いしたのでした。

ソリとチャンは大喜びです。(こっそりお手伝いさんも)

同級生と再会か

外出しに改めて家の外に出たウジン。

 

車に乗り込もうとする時、向こうからタクシーがやってきて停まり、ヒョンテが降りてきました。

昔ソリが住んでいたこの家を見上げます。

また、一度は車に乗り込んだものの、何かを思い立ちまた降りるウジン。

 

一方リビングでは、ウジンから同居の許しを得たソリとチャンが仲良く犬と遊んでいます。

すると、玄関のベルが鳴りました。

「誰か来たみたいですね」とソリ。

ソリは、懐かしい同級生に再会することになるのでしょうか。

 

第4話 完

↓4話のハイライト動画①です^^(ウジンをなんとか引き留めようとするチャンのシーン)

↓4話のハイライト動画②です^^(貞子登場に絶叫する場面)

 

↓スマホではモバイルバージョンだと画面が表示されないので(原因が分かりませんㅠㅠ)、デスクトップバージョンに切り換えてご覧ください。

次回(第5話)のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

↓第5話はこんな感じ

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ワンコが自分よりヒロインになつくのでセジョンさんちょっと不機嫌

 

セジョン君が「30だけど17です」の番宣に登場した記事はコチラ♪

『30だけど17です』ロケ地情報はこちら^^

第1話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第2話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第3話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

Copyright© 韓国じょんぼ館| , 2018 All Rights Reserved.