気ままに韓国芸能人をさぐる(デスクトップバージョンで見てくださいㅠㅠ)

『30だけど17です』(ヤンセジョン)3話のあらすじ&ハイライト動画

2018/09/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

こんにちは、韓国じょんぼ館です(*ˊᵕˋ*)

 

ヤン・セジョン&シン・ヘソン主演『30だけど17です』の第3話(視聴率6.9%)のあらすじ&ハイライト映像です。^^

※ 2話のあらすじがまだならコチラ^^

※ 読んでて疲れないようなるべく簡潔に書こうという努力はしています…(ㅠㅠ)

※ セリフは意訳です。韓国語版を見て「違うこと言ってるじゃん!」と思った方スミマセン、ご了承ください。

※ 現在、モバイルバージョンで表示されない不具合が発生しており、どうにも直らない状況です。モバイルバージョンで見えない場合はデスクトップバージョンなら表示されますので、お手数ですが切り替えお願いします。

 

第3話「優雅な幽霊」のあらすじ&ハイライト動画

今はもう他人の家

部屋でのひと騒動の後、みんなが集まったリビング。

『ジョッカ(甥、姪)』の性別や年齢などしっかり聞いておくべきだったと謝罪するお手伝いさん。

 

ソリは、この家が13年前に自分が意識を失って以降、11年前に叔父夫婦が犬も家財も全てそのまま捨てて引っ越してしまい、その後にチャンの祖父(=ウジンの父)が購入したものであることを知らされます。

 

呆然とするソリ。

チャンは祖父に電話してくれたり、警察に尋ねたらいいとアドバイスするなど色々気を遣ってくれますが、ウジンはひたすら冷たく家を追い出そうとするのでした。

 

家なき子

失意のなか、叔父夫婦の痕跡を追って街に出たヘソン。

昔叔父の会社があった建物を訪れても現在その会社はなく、警察に行くも個人情報保護法のため叔父の居所を教えるわけにはいかないと言われてしまいます。

 

叔父への手がかりがまったくつかめないまま、夜になってしまいました。

どこも行くあてがなく、公園で野宿します。

雨の中、母親との楽しかった記憶を思いながら泣くソリ。

 

それでも朝になって目覚めると、気を取り直して出発です。

 

お手伝いさん…

遠吠えするように哀しく鳴く犬。

どうして鳴いているのか分からないウジンと甥のチャンにお手伝いさんが、この鳴き方は家族を待っているのだと教えてくれました。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

犬がこう鳴く時はこういう場合で、ああ鳴く時はああいう場合で…

 

翌朝、お手伝いさんが掃除をしていると、突然若い男が入ってきました。

すかさずモップで撃退しようとするお手伝いさん。

しかしこの男は、髪の毛を切ってすっかりキレイになったウジンだったのでした。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

「僕を見るたびに何か振り回しますよね」

 

チョコパイの悲劇

施設を飛び出してから何も食べていないソリ。

屋台でおでんを食べる人をじーっと見つめていると、ホームレスのための炊き出しを食べていけとボランティアのおばさんに勧められます。

 

ためらいつつも列に並んだソリでしたが、運の悪いことに自分の番の手前でご飯がなくなってしまいました。

でも、申し訳なく思った配膳のおばちゃんがたまたま持っていたチョコパイをくれました。

ソリはおばちゃんの手を握ってありがたく受け取り、パイを大切に取っておこうとするのですがガマンできず、袋を破ってほおばります。

 

そこへ数メートル先の立て看板が倒れるのを見て、放っておけばいいのにわざわざ一度口に入れたパイを戻して包み紙の上にいったん置き、倒れた看板を戻しに行きました。

ところが、ちょうどその時ウジンが通りかかり、いつもの職業病でたった今ソリが座っていたベンチを測り出し、あろうことかパイの上に座ってしまったのです。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

幅の次は奥行き♪「ベチャッ」

 

ソリがあまりにも悲しげにむせび泣くので、ウジンは弁償としてパイを買って返すことにしました。

ちなみに、お手伝いさん同様ソリもこの人が元ヒゲもじゃのウジンだと気付いていません。

 

売店まで行く途中、道行く人々がウジンお尻を見て「あれウン○?」と眉をひそめます。

それにいたたまれなくなったソリは、とっさの思いつきで自分が着ていたピンクのカーディガンをウジンの後ろから巻いてあげるのでした。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

抱きついているのではなくて巻きつけているのです

 

ところが、ウジンが売店でパイを買っている間にソリは、お金を落として小走りに駆けて行く通りすがりのおばさんを追いかけてウジンの前から消えてしまいました。

(どこまでお人よしなんだか…)

 

バイオリニストのコンプレックス

とあるクラシックホールで、美人バイオリニストがインタビューを受けています。

彼女の名前はリン。

 

活躍目覚ましいスターバイオリニストのリンですが、「美貌も実力も兼ね備えたリンさんでも『ライバル』はいらっしゃいますか?」との質問に、瞬間昔の苦い記憶が蘇ります。

 

それは、留学試験で自分が合格者に選ばれたにもかかわらず、有名演奏家から演奏を気に入られて直々にセカンドバイオリンのオファーを受けているソリを見て悔しがっている自分の姿でした。

 

忘れものを思い出し

お金を落としたおばさんを追ってる間にチョコパイの弁償も受け損なってしまったソリ。

今日一日、町じゅうを訪ね回りましたが、結局夜になっても叔父夫婦の行方につながる手がかりは見つけ出せませんでした。

 

すっかり疲れてバス停のベンチで一休みしていたソリでしたが、何かを思いついてまた歩き出します。

着いた先は、今はウジンの住む昔のあの家。

幸いドアが開いていて、こっそり忍び込むソリなのでした。

 

第3話完

↓第3話のハイライト動画♪

 

第3話の初登場人物

謎の男性

街で偶然ウジンとすれ違い、声をかけてきたこの男性。

「まだドイツに住んでいると思っていたのに。元気そうで何よりですね」

「今度一度…あ、私たちはもう二度と会わない方が良い関係ですかね」

とちょっと謎の言葉を残しますが、悪い人ではなさそう…。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ウジンのことをどことなく心配してる様子

 

甥っ子チャンの自称彼女

部活帰りのチャンに駆け寄ってきた自称彼女。

あ、前日、足元で突然ベンチのサイズを測ったウジンを変態と勘違いしてボコしてたあの女の子です。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ツンデレ女子を演じるこのドラマがデビュー作だそうです

 

アトリエの同僚

アトリエのスタッフは、美人社長とウジンのこの人の3人です。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

若いな~

 

プロバイオリニストのリン

美貌と実力を兼ね備えたスターバイオリニスト。

どうも、昔抱えていたソリに対するコンプレックスを未だに忘れられない様子。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

今回、面白い音楽プロジェクトに参加することになったとか

 

↓スマホではモバイルバージョンだと画面が表示されないので(原因が分かりませんㅠㅠ)、デスクトップバージョンに切り換えてご覧ください。

次回(第4話)のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

 

↓第4話はこんな感じ

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

お化け?が出て泣きべそ

 

第1話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第2話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

セジョン君が「30だけど17です」の番宣に登場した記事はコチラ♪

『30だけど17です』ロケ地情報はこちら^^

この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

Copyright© 韓国じょんぼ館| , 2018 All Rights Reserved.