気ままに韓国芸能人をさぐる(デスクトップバージョンで見てくださいㅠㅠ)

『30だけど17です』(ヤンセジョン)12話のあらすじ&ハイライト動画

 
この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

こんにちは、韓国じょんぼ館です(^^)

 

ヤン・セジョン&シン・ヘソン主演『30だけど17です』の第12話(視聴率9.1%)のあらすじ&ハイライト映像です。

※ 11話のあらすじがまだならコチラ^^

※ 現在、モバイルバージョンで表示されない不具合が発生しており、どうにも直らない状況です。モバイルバージョンで見えない場合はデスクトップバージョンなら表示されますので、お手数ですが切り替えお願いします。

第12話のあらすじ&ハイライト動画

さて、初めての酒にすっかり酔っぱらったソリは、あろうことか昔使っていた部屋で寝ているウジンのベッドにもぐりこんでしまいますが…

 

大そそう

朝、ソリは目を覚ましました。

すると、目の前にウジンが眠っています。

 

会社で冷たくされたこともあり、これは夢だと確信するソリ。

夢なのでじっと見つめていられるし、フーなんて息も吹きかけてみました。

すると、ウジンが目を開きました。

 

「ずいぶんリアルな夢だなぁ」とぼんやり考えながら、今度はほっぺをたたきます。

「あぅ」

「これ、夢なんですって」

「…夢じゃないと思いますけど」

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ほっぺ叩かれても冷静

 

ドン引きしてむしろ冷静なウジンとは対照的に、ソリは自分がやらかしたことに気づいて半分パニックです。

 

悩むソリ

アトリエでも、不自然なくらい自分に冷たいソリ。

 

何か尋ねても、

「そんなこと教えるような間柄ではないはず」

とバッサリ言われてソリは傷つき思い悩みます。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

壊れたドアが開かない給湯室で、気まず~い時間が流れます

 

ついこの間まで冗談も言ってくれたし、やっと自分に心を開いてくれたと思ってたのに。

突然の態度の変わりように戸惑うばかりです。

 

刺さりまくる言葉

とうとうこの気まずさに耐えられなくなったソリ。

外出しようとしたウジンを引き留め、冷たい態度の理由を尋ねます。

「話すことなんてありませんけど」と取り付く島もないウジン。

 

これにソリが爆発しました。

「おじさんはそう思っていなくても、私は親しいと思っています!

何もかもが全部ありがたくて、これからもこの恩を返すためにずっと会っていくつもりですから!」

と、思いのたけをぶつけます。

 

ウジンは一瞬哀しげな表情を浮かべましたが、ソリが必死に止めるのを振り払って行ってしまいました。

ヒロインはいつも一生懸命

(音楽フェスタとは別の)現場で、今日が舞台の本番だというのに重大なミスが発覚したと連絡があり、女社長は急いでウジンと連絡を取ろうとしますが、全く電話に出ません。

ソリは、ウジンが出がけに他の人に話していた行き先を思い出すと、急いでそこに向かいます。

 

館内アナウンスでなんとかウジンを見つけると、さっきまでの気まずさもお構いなしに一生けんめい手を引っ張って現場に連れて行きました。

 

現場の重大なミスも修復してみんなで胸をなで下ろしたのも束の間、間違って滑りやすい材質に交換してしまって取り返しのつかない事態に!開演時間も迫っています。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

すっころんだ若造に押されて転ぶソリをウジンが支えて、気まずいのが余計に気まずく…

 

しかし、ソリの機転の利いたアイデアをもとにみんなが協力した結果、なんとか乗り切ったのでした。

 

同情

この日は、プロジェクトの音楽監督を担当しているプロバイオリニストのリンから演奏会に招待されている日。

現場の修復のあと、アトリエのメンバーは急いで会場に駆け付けました。

 

公演中ソリは、事故さえなかったら今頃自分が立っていたかもしれない舞台を見つめながら静かに大粒の涙をこぼします。

斜め後ろの席に座っていたのでその様子に気づいたウジン。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

辛いね~

 

そういえば、ソリにはドイツの音大に合格したのに事情があって留学できなかった経緯があったことを思い出すのでした。

 

敵わなかった相手との再会

公演後、アトリエのメンバーはリンに挨拶に行きました。

リンは、電話でクラシックの話に見事対応してくれたソリとようやく初対面です。

 

やっと伺えるわ、と名前を尋ねると、かつて自分が音楽で嫉妬したあの名前を答えるではありませんか。

絶句し、なぜウ・ソリがここにいるのか戸惑います。

 

溢れるいとおしさ

2人は車で帰宅します。

ソリは見るからに落ち込んでいるし、ふと見えた手には舞台を急きょ直した時にできた傷まであります。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

ソリの手の傷にびっくりして叔父を責め、雨のなか薬を買いに街へ飛び出す!

 

夜中。仕事が手に着かないウジン。

1階に降りると、ソリが玉ねぎの皮むきの内職をしていました。

そしてボロボロと泣いています。

 

ソリが涙を拭おうとしたその時、ウジンがその手をつかみました。

「その手で涙を拭いたらいけないと思って…」

 

「泣いてるんじゃなくて、玉ねぎで涙が出てるんです」と無理やりごまかすソリ。

 

そんなソリの顔を優しくこちらに向け、涙をぬぐってあげるウジンなのでした。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

おほ♪

 

第12話 完

↓12話のハイライト動画①^^(朝、ウジンのベッドで目覚めるシーン♪) ※韓国語です

↓12話のハイライト動画②^^(ウジンがソリの涙をぬぐってあげるシーン) 

スマホではモバイルバージョンだと画面が表示されないので(原因が分かりませんㅠㅠ)、お手数ですがデスクトップバージョンに切り換えてご覧ください。

『30だけど17です』ロケ地情報はこちら^^

セジョン君が「30だけど17です」の番宣に登場した記事はコチラ♪

第1話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第2話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第3話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第4話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第5話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第6話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第7話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第8話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第9話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第1話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第2話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第3話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第4話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第5話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第6話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第7話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第8話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第9話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第10話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第11話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

Copyright© 韓国じょんぼ館| , 2018 All Rights Reserved.