気ままに韓国芸能人をさぐる(デスクトップバージョンで見てくださいㅠㅠ)

『30だけど17です』(ヤンセジョン)10話のあらすじ&ハイライト動画

 
この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

こんにちは、韓国じょんぼ館です(*ˊ~ˋ*)

 

ヤン・セジョン&シン・ヘソン主演『30だけど17です』の第10話(視聴率8.8%)のあらすじ&ハイライト映像です。

 

※ 9話のあらすじがまだならコチラ^^

※ 現在、モバイルバージョンで表示されない不具合が発生しており、どうにも直らない状況です。モバイルバージョンで見えない場合はデスクトップバージョンなら表示されますので、お手数ですが切り替えお願いします。

第10話のあらすじ&ハイライト動画

着たきりすずめ

自称「チャンの彼女」が遊びに来ました。

ソリとは初対面です。

 

みんなでソリの内職を手伝います。

「なんで私がこんなことを」と仏頂面の自称彼女。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

「何をじろじろ見てるんですか?あぁ私が可愛いからですね?」「ええ可愛いわ…。制服が」

 

その時ソリが、まつ毛にホコリがついたと目を痛がります。

大丈夫かとソリの目をのぞき込むチャンを見て「自称彼女」が一気に嫉妬。

自分が見てあげますから!としゃしゃり出たとき、ソリに向かってジュースをこぼしてしまいました。

 

ジュースを拭きに行くソリを見ながら、そういえばソリにはろくな服がないことにチャンは気が付きました。

ソリに服を買ってあげようかと言うチャンにそうはさせまいと「自称彼女」は、自分がいらない服を持ってきてあげると宣言します。

 

そんな家の外にはまた、謎の女が…。

 

変わっていくウジン

ウジンが帰宅しました。

ここのところ、ウジンには小さな変化が表れてきていました。

素直にありがとうと言えたり、外出先で何でもかんでもメジャーで測るのをやめたり。

あんまり面白くはないけどソリに冗談を言っては一人ほくそえんだり。

 

そんなウジンが嬉しいソリ。

そして、嬉しそうなソリを見てもっと嬉しいチャン。

寝顔にキュン

ソリが、用事があってウジンの部屋を訪ねました。

すると、仕事の途中だったのかウジンは机で居眠りをしています。

そのままドアを閉めようとしたソリでしたが、思い直してまた部屋に入り、そっとウジンのそばに近づきました。

 

うっとりとした表情でウジンの寝顔を見つめるソリ。

どうやらソリの心にも、着実に何かが芽生えているようです。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

なんとウルワシイ寝顔♪

 

着たきりスズメ卒業

日曜日、「自称チャンの彼女」がタクシーで乗り付け、ソリにたくさんの服を持ってきてくれました。

恐縮しながらもありがたく受け取るソリ。

 

早速もらった服を着て、テコンドー中にケガをしてしまったお手伝いさんの代わりに家事代行バイトに向かうのでした。

お手伝いさん、ウジンの住み込み家政婦の他にもそんな副業をしてたんですね~。

 

部屋の主は…

彼女の代わりに仕事先のマンションにやってきたソリ。

 

掃除中、うっかりミスで写真立てを倒してしまい、元に戻しました。

その写真にはなんと、高校時代にソリを好きだった、現在医者のあのヒョンテが写っています。

何とまぁここはヒョンテの部屋だったのです。

でも、ソリはそんなことには気づきません。

またしてもニアミス

家事を終えてヒョンテのマンションから出たソリでしたが、引き出しに入っている日当を持ってくるのを忘れてしまったことに気づき、マンションに戻ります。

 

その間に、(多分)当直明けのヒョンテが帰宅してヘロヘロと寝室で寝ていました。

そこへソリが戻ってきて、引き出しから封筒を取ってすぐに出ていきます。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

この時起きてたらヒョンテの人生変わったかも

 

その物音でヒョンテが目を覚ましてリビングに出てきましたが、すでに部屋には誰もいません。

気のせいだったかと思うヒョンテでしたが、玄関には脱いだばかりのスリッパが。

そしてスリッパは、片方ずつ色が違っています。

 

…そういえばあのソリもうっかりやさんで、高校時代はしょっちゅう左右で違う靴をはいて登校してきてたっけ…。

 

昔の記憶を思い出しては、行方不明になっているソリを心配し思い悩むヒョンテなのでした。

 

2度目のフラッシュバック

辺りはすっかり暗くなり、帰宅中のソリ。陸橋を渡っています。

 

そこへ仕事帰りのウジンが近くまで来ました。ふと陸橋を見上げると、ソリがいます。

片手を上げ、笑顔でソリに手を振ろうとしたウジン。

その時です。

 

ソリが、片手をうさぎにの形して月をのぞき込むあの仕草をしたのです。

その姿はまさに、13年前に自分が死なせてしまったあの少女そのものでした。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

同じ場所で同じ仕草…

 

この瞬間、ソリが叔父に似た人物を見つけて車道に飛び出てしまった時のように再びフラッシュバックが起きて、ウジンは呼吸が速まり頭を抱えてしまいます。

 

待ち人来ず

どうやらウジンはすぐに家には帰って来なかったようです。

門の外でウジンの帰りを待つソリ。

そこへチャンが帰宅してきました。

 

「自称チャンの彼女」がくれた服を素敵に着こなしているソリにほれぼれするチャン。

家に入ろうよと促すチャンの後に続くソリですが、帰ってこないウジンが気になって仕方がありません。

 

ウジンは結局、アトリエで考え事をして午前3時頃に帰宅しました。

 

精神科

翌日ウジンは、カウンセラーのもとを訪れました。

医者をしている姉の先輩で、ドイツに渡った時からずっとお世話になっているカウンセラーです。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

3話でウジンに声をかけてきたのは、昔世話になったカウンセラーだったんですね~

 

ある女性と出会ってからフラッシュバックが起こるようになったと相談するウジン。

これに対してカウンセラーは、

「その女性と少女の違うところを意識的に探して、2人が別人なのだということを心に認識させていく」

ことを勧めるのでした。

 

エースの予感

ウジンのアトリエです。

音楽イベントプロジェクトでコラボしているバイオリニストのリンから電話がかかってきました。

 

リンが、先日音楽のことで話が通じた女子社員と替わってくれと言います。

しかし、ここは女社長とウジンと若造の3人だけ。そんな女性はいません。

一体誰?しばし首をかしげる若いスタッフと女社長。

もしかして…?

女社長は、こないだウジンを尋ねてきた女性(ソリ)を思い出すのでした。

 

チャン、ついに自分の気持ちに気づく

いつもの部活風景。

練習でヘトヘトな友達をしり目にますます元気なチャン。

「この世はとっても美しい」なんて言っちゃってます。

 

ところがしばらくして、ふとした瞬間に気が付いてしまいました。

胸のうずきの原因を。

自分は、11歳も年上のソリに恋をしているのです。

 

距離を置きたかったのに

カウンセラーに、

「フラッシュバックを引き起こさせたその女性とは、これからもずっと会わなくちゃならないんですか?」

と聞かれたことを思い出しながら苦悩のウジン。

ソリと一緒にいるとなぜかフラッシュバックに襲われる…

しかし、居候の約束期間は1カ月。もう少しの辛抱です。

 

そんなことを考えながらアトリエに到着しました。

するとなんと、ソリが出迎えたではありませんか。

 

音楽フェスまでクラシック音楽に詳しいソリに仕事を手伝ってもらうことにした、と女社長に説明され絶句するウジン。

30だけど17です ヤンセジョン 韓国ドラマ

女社長「もーこんないい子隠してちゃって♪」

 

「その女性と近しくなるほど、あの記憶に苦しむのではないか、そしてまた誰かの人生を壊してしまうのではないか、僕は怖いんです」

とカウンセラーに泣きながら訴えるほど辛いのに。

 

そんなことなど知るよしもないソリは、笑顔でウジンを見つめているのでした。

 

第10話 完

↓10話のハイライト動画です^^   居眠りするウジンを見つめるソリ♪(※韓国語です)

↓あの少女と同じ仕草にまたフラッシュバック

スマホではモバイルバージョンだと画面が表示されないので(原因が分かりませんㅠㅠ)、お手数ですがデスクトップバージョンに切り換えてご覧ください。

『30だけど17です』ロケ地情報はこちら^^

セジョン君が「30だけど17です」の番宣に登場した記事はコチラ♪

第1話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第2話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第3話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第4話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第5話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第6話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第7話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第8話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

第9話のあらすじ&ハイライト動画はコチラ♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

Copyright© 韓国じょんぼ館| , 2018 All Rights Reserved.