気ままに韓国芸能人をさぐる(デスクトップバージョンで見てくださいㅠㅠ)

『私の後ろにテリウス』クスッと笑えた17~20話の3項目あらすじ

2018/11/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

こんにちは、韓国じょんぼ館です(*´ε`*)

9月27日スタートのソ・ジソプさん主演ドラマ『私の後ろにテリウス』。

だんだんと、手に汗握るシーンが増えてきている感じです。

ところで今回から、スペシャルゲストでユン・サンヒョンさんが出てますね!(≧∇≦)

 

それでは第17~20話のあらすじです。

第13~16話のおさらいはこちら♪

登場人物の説明と人間関係図はこちら♪

かったるい時は「3項目あらすじ」でパパッとおさらい♪

目次

  • ササっと登場人物のおさらい(ドラマの進展に合わせて更新♪)
  • 第17~20話の3項目あらすじ
  • 第17~20話『Missing』『コーナーストーン』のあらすじ
  • 感想

 

ササっと登場人物のおさらい

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

・ 3年前のミッション「キャンディ」失敗の黒幕を追う元国家情報院の伝説的スパイで、現在はシッターをしているキム・ボン。コードネームはテリウス。エリンを拉致したヨンテの要求である「砂時計」を回収しようとしたが、国家情報院に包囲され、とっさの判断で漢江に飛び込む。

 

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

・ボンの隣人のエリン。元上司のヨンテからボンの経歴を聞かされて一時はボンに不信感を抱いたが、ボンから本当のことを教えてもらうと誤解が解けた。組織の上層部に命を狙われたヨンテに拉致されてしまう。

 

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

・裏で防衛産業のロビー代行業をしているヨンテ。自身が代表をしていた会社の裏の業務がバレてしまったことで、組織の上層部によって命を狙われることに。身の危険を感じて追いつめられるとエリンを拉致し、エリン解放の条件として会社に置いてきた「砂時計」を回収することを要求する。

 

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

・国家情報院の職員で、国家安保室長暗殺の真相を追う「King’s Bag」ミッションを立ち上げたジヨン。国家情報院には悪の組織の手下が潜伏しているが、ジヨン自身は無関係のよう。片想いのボンがエリンに優しいので、嫉妬してやけ酒したり。

 

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン・国家情報院のシステム担当、ラ・ドウジヨンに片想いしている。ジヨンのためと思って勝手にJインターナショナルの鍵を開けようとして失敗し、ヨンテに正体がばれ、ジヨンには怒られた。

 

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

・国家情報院の副局長、クォン・ヨンシル。3年前のミッション失敗を未だに引きずり、当時勝手に離脱して行方をくらましたボンを執拗に追っている。しかしボンの目撃によると3年前、殺し屋ケイと同じ柄のボタンをワイシャツに付けていた。

 

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

国家情報院長。副局長とは若い時からあまり仲が良くないらしい。ジヨンの良き理解者で、ジヨンの立ち上げたミッションを積極的にサポートしている。しかし、ジヨンがボンと協力していることは未だに知らない。

 

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

・団地ネットワークKISの人々。毎回服が派手。一見単なるおしゃべり集団のようでも、副局長がKing’s Bagを訪れた時、副局長の正体は知らないながらもしっかり言葉を選んでうまく対処してくれた。

 

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

・産婦人科医をしているジヨンの兄。やかましい性格。もちろん民間人だが、細かいことは聞かずにジヨンに協力してくれる頼もしい兄。

 

第17~20話の3項目あらすじ

・撃たれながら漢江にダイブしたボンだったが、エリンに助けられ九死に一生を得る。しばらく自宅でエリンの看病を受けていたが、このままではエリンと子どもたちにまで危険が及ぶと考え、行方をくらます。

 

・エリンがボンを助けている間にまんまと逃げたヨンテはボンに助けを求めようとするが、ボンとの待ち合わせの直前にケイに襲われ半死半生に。しかしすぐにボンに助けられて一命を取りとめ、ジヨンの兄の病院に同じく逃亡者のボンと一緒にかくまってもらう。

 

・ヨンテが所属していた組織は生体実験までするような組織だった。そしてその工作員の1人がKISメンバーの夫だった。 夫と連絡を取っていた女工作員を浮気相手だとカン違いしたKISは、夫の通話記録を入手。しかしその通話内容から、組織がまさに今日テロを起こそうとしていることが分かり…。

第17~20話『Missing』『コーナーストーン』のあらすじ

エリンを拉致したヨンテを拘束してヨンテを護送している途中、橋の上で通行止めに巻き込まれた3人。

エリンが窓から顔を出して前方を見ると、武装警官たちに包囲されたボンが漢江に飛び降りたではありませんか!。

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

へなちょこヨンテはあっさり御用

 

これを見たエリンは急いで河川敷まで車を飛ばし、自分も河に飛び込んでボンを助けました(!)。

そう、エリンは海女の血を受け継いでいるのです。

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

マジか!コートさえも着たまま!

 

ヨンテはこの隙にまんまと手錠を外して逃げていきました。

 

エリンとジヨンはボンをエリン宅に運びます。

銃弾の傷は、医者をしているジヨンの兄が手当てしてくれました。

ボン、回復するまでエリン宅で過ごすことに。

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

思わぬ豪華ゲストの登場に思わず「お!」

 

↑エリンの華麗な救出シーン&ジヨンの兄さんのシーン

 

ところで、ボンがこんな目に遭いながらも回収した砂時計でしたが、残念なことに、中に入っているはずのUSBは既に何者かによって抜き取られていました。

 

翌朝、目覚めたボンが窓の外を見ると、国家情報院と思われる監視があちこちにいます。

自分のせいでエリンを危険にさらしていると考えたボンは、携帯まで置いてマンションから姿を消しました。

 

一方、逃げたヨンテは ホームレス状態です。

にっちもさっちもいかなくなったヨンテは、エリンを待ち伏せし、土下座してこれまでのことを謝りました。

ボンしか信じられないと言い、ボンに会わせてくれと頼みます。

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

背に腹は代えられず、古着回収箱から服を調達

 

エリンの仲介で、ボンと会う約束を取り付けることができたヨンテ。

 

しかし、約束の日時の直前。

あと少しというところで、音もなく近づいてきたケイに刺されてしまいました。

 

意識がもうろうとする中、過去のことが走馬灯のようによみがえります。

 

詐欺師として指名手配されていた自分は逃亡先の中国で何者かに捕まり、「生きたいなら今のお前は死ななければな」

と、強制的に手術で顔を変えられ別人として生かされたっけ。

それからはただ「声」の手下として悪行を重ねるだけの人生で…。

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

イケメンになりました♪

 

ヨンテは大変なけがを負いましたが、待ち合わせで来たボンによって何とか一命を取りとめることはできました。

目を覚ましたヨンテ。ここは、ジヨンの兄の病院です。

ここでボンと一緒にかくまってもらうことになりました。

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

「なんだこの患者服は。背中拭いてくれアイタタター」「…」

 

ボンはここをエリンに言うつもりはなかったのですが、病院内で偶然KISの誰かに写真を撮られた途端に拡散され、居場所がバレてしまいました。

 

ちょっぴり久しぶりの再会を果たすボンとエリン。

エリンは今ではもう、ボンの本当の姿も、過去の痛みも全て知っています。

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

「エリンさん貸してください。私が拭きましょう」「痛ぇ!」

 

ボンとジヨンに、ヨンテはだいたいのことを白状しました。

・バッグのシリアルナンバーの意味

・Jインターナショナルは、「コーナーストーン」という巨大な国際犯罪組織の韓国支部

・韓国支部長というのが、いつもヨンテに電話で指示をしていた「声」の人物。

・しかしヨンテは「声」に会ったこともなければ正体も知らない。

・厄介なことに「声」の手下は海外、政財界、そして国家情報院内にも既に散らばっている。

 

話は変わって、夫の浮気疑惑で頭を悩ませているKISのメンバー。

高い金出して雇った興信所が全然役に立たないとか言って嘆いていると、横で聞いていたドウが一肌脱いでくれることに。

夫のスマホから通話情報を抜き取ってくれました。

 

…ところでこの夫、実は「コーナーストーン」の人間だったのです。

そんな折、恐ろしい人体実験が行われました。

ジヨンが分析を依頼してた担当者から結果を聞くと…。

死因は呼吸器疾患を引き起こすコロナウィルスで、なんと死亡率90%、潜伏期間5分という恐ろしい種類に人為的に変えられたものということです。

 

そしてこの治療薬は存在していて、名前が「コールスワクチン」とのこと。

 

ここまで聞いたエリン、「コールス…?」どこかで聞いた名前です。

 

そう、先日ドウが取ってくれた、KISメンバーの浮気夫と不倫相手の女の通話内容です。

この2人、通話が全て「英語」だったので一体何の話をしているのか分かりませんでしたが、「コールスプロジェクト」という単語を言っていたのは確かに覚えています。

コールスプロジェクトとは、ウイルスを撒き散らすバイオテロのことを指していたのです。

 

急いでその夫の現在位置を把握すると、なぜか近所の小学校にいます。

しかしその小学校。実は今日これから、保険福祉省の大臣を招いた講演会が行われることになっているのです。

小学校で、大臣をターゲットにしたバイオテロが起きる!

 

その講演には、よりによってエリンの子どもたちも参加しています。

それを思い出したエリンは、無我夢中で学校まで向かいます。

ボンも、情報を聞くと急いで小学校へ向かいました。

ソジソプ 韓国ドラマ 私の後ろにテリウス ソンホジュン ジョンインソン

こんなに平和なのに…

 

小学校では今、大臣による講演の真っ最中です。

…そして学校の地下では、夫が時限爆弾のセットを完了しました。

爆発まで、残り10分と表示するタイマー…。

17~20話 終わり

 

感想

だんだん、展開にちょっと無理があったり帳尻の合わない部分がチラリホラリと出てきています。

ヨンテがボンとコンタクトを取るにはエリンの仲介が必須だったんですが、仲介の方法がちょっと…。

玄関ドアのノブにぶら下げてる牛乳受けにメッセージをやり取りだなんて、

ボン、毎日家に帰って来てんじゃん?って話ですよ…。

 

でも、エリンが実は海女の娘で泳ぎが得意だった!なんていうのは全然オッケー!

 

まぁしかし、大概のことは気付かずに楽しんでます♪^3^

この記事を書いている人 - WRITER -
確か1998年から韓国芸能(当時はまだ、「韓流」という言葉がありませんでした…)に興味を持ち始め、レンタルビデオ屋に足しげく通っては韓国のコンテンツなんかヤバいのしかなかったから、ひたすら香港映画を借りていました。 現在ソウルに住んでいます。 企業のインハウス日韓通訳・翻訳担当として働いていましたが、ムスコの育児に専念するため退社。 妙にできてしまった時間を持て余し、今ではドラマや芸能番組をガッツリ見て生きています。 素敵だな~と思った俳優さんについてちょびちょびとご紹介しようと思い、ブログを始めました♪

Copyright© 韓国じょんぼ館| , 2018 All Rights Reserved.